貸主のリスクを軽減|サラリーマンのため不動産投資【初心者でもわかりやすいセミナー】

サラリーマンのため不動産投資【初心者でもわかりやすいセミナー】

メンズ

貸主のリスクを軽減

スーツの人

近年は一人暮らしが多くなっています。さらに、失業者は増加する一方で、非正規雇用が増えている現実があります。そのため、生活費を確保するために、家賃を滞納する人が増えてきています。連帯保証人を探すことも難しい時代なので、家賃債務保証会社に注目が集まっています。

家賃債務保証会社は、家賃保証会社や賃貸保証会社とも呼ばれています。比較的新しいビジネスなので、まだ知らない人も多くいるかもしれませんが、貸主は把握しておいた方が良いでしょう。なぜなら、貸主のリスクを軽減することができるからです。

もし、借り主が家賃を滞納したら、家賃を催促したり、連帯保証人に連絡したりと業務が増えてしまいます。しかし、家賃政務保証会社と契約している場合は、家賃の催促や連帯保証人への連絡などを代わりに行なってくれます。また、万が一家賃を回収することができなくても、毎月一定の収入が入ってくる仕組みになっています。そのため、貸主のリスクを軽減することができるのです。

現在は、連帯保証人のいない外国人や高齢者が多くなっています。家賃債務保証会社と契約していない場合は、部屋を借りたいと外国人や高齢者がきても断っていたかもしれません。しかし、家賃債務保証会社と契約することで、相手を選ばすにリスクを考えずに部屋を貸すことができるようになります。ですから、今まで以上の収入を確保することができるようになります。家賃滞納のリスクを軽減できることが、家賃債務保証会社の最大のメリットです。