不動産投資の基本|サラリーマンのため不動産投資【初心者でもわかりやすいセミナー】

サラリーマンのため不動産投資【初心者でもわかりやすいセミナー】

メンズ

不動産投資の基本

スーツの人

初心者でもはじめやすく、リスクの少ない投資として不動産投資が人気になっています。しかし、リスクが少ないからといって必ず成功するわけではありません。中には失敗する人もいます。失敗する人は、不動産投資の基本が分かっていないかもしれません。まずは、投資する物件の家賃相場を把握することが重要です。

家賃は入居者が部屋を借りる際に、判断基準となります。都心でも家賃相場より高い物件は敬遠されますし、地方でも家賃相場よりも安い物件は人気があります。ですから、不動産投資をする方は、そのエリアの家賃相場を把握しておく必要があります。投資物件と同じ間取りや設備の物件の家賃は、いくらなのか調べてみましょう。

しかし、同じ間取りでも投資物件に付加価値があると、家賃相場よりも高くても入居率をあげることができます。タワーマンションで夜になる綺麗な夜景が堪能できる物件や、利便性が良く交通機関や公共施設が周囲に沢山ある物件は人気が集中します。家族がいる家庭ではスーパーや公園など生活に密着した施設を重視する傾向もあります。このように、他の物件にはない魅力が投資物件にある場合は、周辺よりも高い家賃でも失敗することは少ないでしょう。

不動産投資で儲けたいと考えている人は、沢山います。不動産投資で失敗しないためにも、基本となる家賃相場は把握しておきましょう。また、家賃相場の把握だけでなく、ローンやサブリース契約、高利回し物件のことも把握しておきましょう。